ほんとのとこやさん日記
とこやのオーシマ トップページへ

過去の日記はこちらへ
2022年 2021年 2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年
2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年


2012年
12月31日
今年も とこやのオーシマ をご利用頂きまして本当にありがとうございました。
私共何とか無事に新年を迎えることが出来ます事を心から感謝申し上げます。

思えば、今年は、色々ありました

9月にみよ子が、入院し、何とか立ち直ったと思った矢先、
師走の18日に ママさん(勝子)が足を骨折。
当店としては、苦難の年になってしまいました

さて、この暮れをどう乗り切ろうか・・・・・

しかしながら皆様のご予約によるご協力によりまして何とか乗り切ることが出来ました。
これひとえに皆様のご好意とご理解のたまものであり感謝の念でいっぱいであります。

尚手不足によりご迷惑や不行き届きもあったのではないかと思います。
この場を持ちまして深く御詫び申しあげます

来年は、一同健康に気を付けて頑張りたいと思いますので何卒よろしくお願い致します。



12月25日

遂にホームページリニューアル致しました!!

思えば「理容オーシマ」から「とこやのオーシマ」に変更し、
新築移転、ヒロ店長に移行して早5年になろうとしています。

しかし、ホームページは、リニューアル出来ていませんでした。
ページ数も比較的多く 伸々になっていた処へ、スマートフォンの急速な普及
これに対応したものでなくてはならないという問題もありまして、
なかなか踏みきれずにおりました。

スマートフォンにも配慮したホームページを皆で考え、苦心の末、
やっとリニューアルに至ったわけです。

又、ご協力頂いた「マルチメディア工房」様には感謝申し上げます。(リンクページ参照)

尚、サーバーが変わりまして HPアドレスも変わってしまいました。
旧HPアドレスですとジャンプする形となりますので なるべく新HPアドレスに
アクセス頂ければ有難いと思います。

新HPアドレス 
http://www.tokoya-oshima.net/





8月30日

またまたご無沙汰しました
なんと今年の猛暑には、八月も終わりだというのにいつまでつづくのやら昨年始めた省エネミストは、反響はよかったのですが、ひとつ問題がありまして迷っていました。
というのは、ウインドウに水道水のミストをかけると、とても涼しげなんですがカルキがこびりついてこれがなかなかの曲者で取れなくて大変なんです
そこで考えた挙句下から吹き上げるようにしてみました
風向きで道路にも飛びますので苦情をいわれないかと心配したのですが、あまりの暑さでわざわざ近づいて足を冷やす方も多くてホッと一息、新学期が始まってもこの暑さで午後は、学校帰りの子供たちでにぎやかです。
実際省エネにはなっていないし、その子供達が髪を刈りに来るわけではないのですがそんな心の狭いことは、言わない イワナイ




6月10日                                           
なんと言うことでしょう
正月以来更新されていない、こりゃあ気まぐれ日記にしてもひどすぎます。
危うし床屋さん日記! 見るに見かねてマスターの登場となりました。

処で皆さん5月21日の金環日食を見ましたか、
私、恥ずかしながらこんな世紀の大イベントを当日の2〜3日前まで知らなかったのです。すでに専用メガネが売っているはずもなく、ましてやカメラのフィルターなども手に入るはずもありません。
もっとも望遠レンズも持っていないのです。
それでも前日の天気予報では、どうも雲に隠れて見えないような感じでした。
いや、内心それを願っていたのです。

しかし翌朝6時に目を覚ましたところなんとすでにお日様が出ているではありませんか
しまった!
生涯にもうこんな機会は無いと思うと急に残念でたまらなくなりました。
何とかならないものか・・・・・・・、猶予は後1時間

あ!
 その時ある考えが浮かびました



(望遠レンズ フィルターもなしで 急きょ双眼鏡で映し出した画像)


今から50年も前(齢がバレてしまうけど)中学の理科の時間に理科室を締め切って
望遠鏡で太陽に焦点を合わせ、接眼レンズから出る太陽の像を模造紙に大きく映し出して観察をしたことを思い出しました。
でも望遠鏡はない、そうだ古い双眼鏡はあったはずだ、急きょ探して・・・有りました

大きな段ボールが有ったので対物レンズが入る穴を開け接眼レンズの先に白い紙を置いてみました。
やりました! なんとか太陽の像が出るではありませんか、すでにいくらか欠けはじめています。
それをカメラでパチパチやりました。なにしろ双眼鏡も 映し出す紙も カメラもすべて固定出来ず手で持っているのですから これだけ撮れたのが奇跡かもしれません
色がついて輝いているのは、双眼鏡は、プリズムを使って屈折させているためのスペクトルだと思われます。
あるお客さんにすばらしい写真は、撮っている方が沢山いるので、これはこれで面白いのではないかとおだてられ(慰められかな)存続危うきとこやさん日記を救わんと恥を忍んでの投稿となりました